注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

SEO対策とライディングの記事作り

SEO対策は、サイトの外見と中身、両方を両立させることで初めて効果を発揮します。特に、記事作りに関しては、いかにテーマを統一させて完成させるかが重要となるので、各記事ごとにテーマを設定して作成してみましょう。そうすれば、読者にも内容が伝わりやすくなります。
テーマを設定するとはどういうことかというと、例えば同じ記事でも段落ごとにテーマがブレてしまうことは珍しくありません。しかし、そんな文章を読んで、その他の記事も読んでみたいとなるでしょうか。おそらく、多くの訪問者はその時点でサイトを切ってしまいます。見出しを複数用意することは間違いではありませんが、その分テーマがブレやすくなることも理解しておきましょう。
SEO対策では、こうしたライディングの基礎を高めていくだけでも効果は大幅に高まります。なぜこの記事を作成したのか、どのような人に読んで欲しいのかなど、それぞれに意味を持たせることを忘れないようにしながら記事を作成しましょう。”

SEO対策で必要な記事はライティングを依頼する方法で入手可能

SEO対策をするためには記事が必要です。たとえば、商品やサービスの広告をブログやサイトに貼るのであれば、ブログやサイトに掲載する記事が成功の鍵を握っています。どんなに魅力的な商品やサービスだったとしても、記事の質が低くなってしまうと、希望しているような報酬は望めない可能性が高いです。

SEO対策で使用する記事については、全てを自分でライティングする方法とライティングを依頼する方法の2つがあります。自分でライティングする場合の利点は、報酬を支払わずに済む点です。ただし、知識のない分野の記事作成を行うのは簡単なことではありません。当たり障りのない記事しか作成できないのであれば、依頼した方が無難です。

ライティングを依頼する場合の利点は、専門知識のあるライターに記事作成を依頼可能な点です。そのため、高い質の記事を入手できます。ライティングを依頼するということは、仕事を依頼していることを意味しています。ですから、報酬を支払う必要があります。

SEO対策のためのライティングは必要なのか

サイト運営者や関係者であれば、SEO対策という言葉に敏感になるものです。SEO対策とは運営するサイトが、インターネットで検索した時に順位が上に上がるようにするための対策です。インターネットで閲覧できる文章自体は無料ですが、そのサイト内にアフィリエイトを貼りつけたり、広告をリンクすることで広告料という収入を得ることができます。SEO対策を重要視するのは、その広告料を稼ぐためでもあり、かなりの収入になるのが実際です。SEO対策のためのライティングを執筆するためには、ライターに記事作成を受注したり、報酬を支払う必要があります。SEO対策のためにもそれなりに費用がかかりますが、それでもSEO対策のライティングを執筆することで得られる収入の方が高いことが多いです。そのため、サイト運営者にとって欠かすことができないのがSEO対策のためのライティングです。そのSEO対策のライティングの仕事は、経験がなくてもわりとできるので、多くの人が執筆できます。

質の高いライティングでSEO対策を成功させる

SEO対策にコピーライティングを活用するにはどのような方法があるのでしょうか。検索エンジンにはアクセスが集まっている、そんな方はいったいどうしているのか?実はSEO対策を意識しない方法があります。質の高い文章を書くこと、WEBで公開していくこと、ただそれだけのことと考えるかもしれませんが、技術的にSEO対策をするには時間を割かないことにあります。では例えるならキーワードを意識したタイトル、hタグ挿入、キーワードに意識した文章などがあります。これらは最低限のことであり、やることは質の高い文章を書くということになります。質が高ければ訪問者がじっくりと文章を読み続けることにあり、それの文章を読みたいと思わせることにあります。そして検索エンジンの目的には質の高い情報を提供することがありますので、検索エンジンとはまさにそれを目指していると言うことになります。ですからまずは徹底した質の良い文章を考えるようにしましょう。

SEO対策を意識したライティングの基本とは

現在、検索エンジンによる集客のためにはコンテンツの中身が最重要とされています。しかし、SEO対策を意識したライティングの重要性が下がったわけではありません。むしろ、より正確なライティングの知識が求められるようになってきています。SEO対策として基本となるのはまず何よりも記事タイトルです。魅力的でわかりやすく人を惹きつけるタイトルにすることはもちろん、検索エンジンで表示される文字数の限界に気をつける、必ずタイトルにも本文と同じキーワードを入れるといった条件を満たすことが大切になります。よく検索されるキーワードをタイトルと本文に散りばめればそれだけでも集客率は跳ね上がります。次に記事にはなるべくリード文をつけましょう。検索結果画面に表示される最初の数行に本文の内容をまとめて置いておくことができなければ、たとえ中身がどんなに優れたコンテンツであっても上手く伝わりません。他にも本文を段落ごとに分け、小見出しをつけるといった対策も効果的です。

SEO対策のためのライティングについて

現代はIT化の時代であり、私たちの生活にインターネットは欠かすことができない存在になっています。以前は調べ物をするにしても書籍などを利用することが多かったですが、今はインターネットにつながる環境であればすぐに調べる事ができます。さらにスマートフォンが普及したこともあり、家にいなくても外出先でもどこでもインターネットにつながる環境になりました。私たちが何かしら検索キーワードを入力して調べる時に、検索順位が出てきます。それは、多くの人が見たサイトであればあるほど検索順位が上になるようにしてありますが、やはりサイトの運営者からすると検索順位を上げることが重要になります。サイトの順位を上げるためのライティングを、いわゆるSEO対策と言うようになり、今はSEO対策が必須な時代になりました。SEO対策をすることで、運営するサイトの検索順位が上がり、結果として多くの人に閲覧してもらえるようになります。IT化の時代だからこそSEO対策のためのライティングが必要になりました。

ライティングをたくさんしてSEO対策をすること

検索順位が重要なのはいうまでもありません。多くの人はなにかの商品を調べたいと思う場合にキーワードを入力して、そこから出てくる情報を得ていきます。その中に自分のサイトがあればチャンスであり、集客できるのですが、それがないと集客力は寂しい限りということになってしまうでしょう。その場合にはサイトの充実と多くの記事を書いてそれを組み入れることが必要になるかもしれません。ですからその場合にはライティングをすることがどうしても必要になります。ライティングでは内容を重視することも大切なときがあります。内容がいいと集客した人が何度もリピートしてくれる可能性が高まりますが、つまらないと感じると1回だけで終わってしまうかもしれません。それでそこそこ内容を重視しながらライティング作業をしてSEO対策をしていくことができるでしょう。その努力を続けていけば、やがては検索順位を上げていく事ができるに違いなく、売り上げはアップしていくのです。

最後にもう一度見直すライティングとSEO対策

SEO対策にライティングをどう活かすか、どれだけ良質な記事だとしてもそれを読まれないようなことにもなれば意味がありません。これまでアルゴリズムの変更などもあり、そしてまだ変化するかもしれません。必ずしもSEO対策を考える必要は無いかもしれませんが、たくさんの訪問者を少しでも獲得するなら、そして検索上位に表示させるなら必要なことでもあります。SEO対策のライティングを意識した記事を心掛ければ検索結果にも変化が見られるかもしれません。ではタイトルにきちんとキーワードが入っているのか、28文字前後でタイトルを付けているか、H1タグの使用は最初の一回、H2タグ移行は順番どおりから、順番を飛ばしてないか、最初の段落と最初の方と最後の方とまとめ、代名詞はなるべく使用しないこと、専門用語も用いてるか、内部リンクのアンカーテキストはどのような記事にリンクなのか分かるように設定しているかなどをもう一度確かめSEO対策とライティングをしていきましょう。

ライティングのSEO対策に専門用語は必要か

現在のSEO対策は検索エンジンのシステムを解析し機械的にキーワードを仕込むといった時代が終わりを告げ、コンテンツの中身が最重要視される時代に入ったと言われています。そこで注目されているのが一般に多用される検索キーワードだけに頼るのではなく、専門用語を多く使うことによるSEO対策です。詳しいメカニズムは公表されていませんが、大手検索エンジンではページ内容の専門性についても判定を行い、より専門性の高いページを検索上位に表示するシステムになっているとされています。そこで似たような内容のページを差別化するためには専門用語を適度に散りばめる対策が有効と考えられるようになってきました。しかし、専門用語の多用は一般の閲覧者を混乱させる要因ともなるので注意が必要です。たとえば医薬品や美容品に関するページで専門用語を用いるのであれば、成分表をまとめた段落を作りそこを読み飛ばしたとしても文意が伝わるように配慮するといった工夫が必要となるでしょう。

SEO対策は万全だけど気になること

詳細はそこまでは詳しく言えないのですが、以前行った「SEO対策」のライティングの中には「え!このワードを使ってテキストを仕上げるの!?」なんて思わず声に出して驚いてしまうようなライティングテキストもありましたね。

そして、テキストすべてを納品した後、指示されたキーワードにてインターネット検索を行ってみたのですが、確かに自分が納品したテキストがインターネット検索での上位にくるようなテキストになっていたのですよね。

ですから、クライアントからのSEO対策の要望には十分応えていると言えると思うんです。けれども自分としては疑問に思うことはと言えば、「このキーワードで検索を行う人は、はたして本当にいるのだろうか…」ということです。

けれどもまあ、指示があったということは、しっかりとしたニーズがあるというこですから、そのようなこちらとしては予想外なワードで検索を行う人もいるのでしょう。けれども不思議なものでしたね。

SEO対策をする際はライティングに力を入れる必要がある

SEO対策をする際に重要なことはライティングに力を入れることです。ライティングに力を入れるべき理由は、内容と文字数の両方が求められているからです。たとえば、どちらかといえば内容の方が重要です。ただし、内容が良かったとしても文字数は少ないよりも多い方が評価されます。ですから、内容が伴っており、文字数も十分というのが効果的なSEO対策です。

ライティングで大切なことは内容を濃くすることです。文章量はある記事だったとしても、薄い内容がダラダラしている状態は好ましくありません。しかし、専門外や知識の少ない分野のライティングをする場合は、内容のある記事に仕上げるのは大変です。

専門外や知識の少ない分野で内容と文章量を求める場合は、ライティングを依頼する方法をお勧めします。依頼するからには当然ながら報酬を支払うことになりますが、知識のあるライターに依頼できるため、報酬に見合う文章を入手できる可能性は高くなります。

クラウドソーシングが流行っている理由

新しい働き方として注目を集めているのがクラウドソーシングです。なぜクラウドソーシングが多くの人から支持されているのでしょうか。その理由はseo対策としてライティングの案件が数多くあることです。このような案件のメリットとはなんでしょうか。
まずメリットの1つは始めやすいということです。ライティングというと専門的な知識が求められるというイメージがありますが、seo対策の場合にはそれほど専門的な知識が必要ではなく、基本的に日本語の意味が通じれば良いというレベルですので、初心者でもやりやすくそこが多くの人から支持されている理由と言えます。
2つ目のメリットは仕事量があるということです。現在クラウドソーシングのサイトが増えており、そのためライターとして働く人の場がどんどん増えています。在宅で自分の空いている時間に稼ぐことができるので、そうした手軽さもあり受けているようです。
このようにライティングの仕事は昔よりも始めやすくなっています。