注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

ライディングはキーワードの設定から

ライディングで人を惹きつけられるサイトは、それだけでPV数を多く獲得できます。これこそがSEO対策の基礎中の基礎となるため、サイトのレイアウトなども重要ですが、ライディングから極めていきましょう。特に、キーワードを設定することは非常に重要です。
キーワードとは何かというと、検索ワードと同等なものと考えて問題はありません。いくら内容に自信があっても、関連するキーワードで引っかかってサイトに訪問されなければ意味がないのです。適度にそのサイトに来てほしいキーワードを散りばめることで、より多くの方に閲覧してもらえる準備を整えましょう。後は、各種SEO対策が役立つ瞬間が訪れるのを待つだけです。
SEO対策は一日にして成りませんが、こうした普段のキーワード設定が影響することは間違いありません。徐々にキーワードを散りばめ、設定していくことによって、タイトルなど自分が設定している内容と検索ワードとを合致させるよう工夫しましょう。

SEO対策のライティング単価

SEO対策のライティング単価は、非常に安いです。専門性の高いコラムだと文字単価1~2円ですが、SEO対策のライティングですと、文字単価0.1~0.5円となっています。正直、SEO対策のライティングで生計を立てていくことは、不可能でしょう。最近は、まとめサイトが人気であり、文字単価0.5~1円となっています。この水準だと、辛うじて月収10万円を狙えるレベルであり、なんとか生活できるレベルです。SEO対策のライティング単価が安い理由として、誰でも出来るという事が背景にあります。また、集まらなくてもクライアントが困らないという事も単価の安さに繋がっています。最近は、ネット上のコラムや執筆もインターネットのアマチュアライターが書くようになり、文字単価が下がっていると言われています。同様に、アウトソーシングサイトや請負契約によるライター集団が、更に文字単価を下げてくれています。仮にアルバイトが、そういう作業をすれば、最低賃金を支払う必要がありますから、文字単価0.5円以上になるはずです。けれども、ずっと時間2000文字近くをライティング出来るわけでなく、2、3時間が限度でしょう。その点、お小遣い稼ぎの主婦や学生、空いた時間を活用するリタイヤ層は、時給200円、300円でも請け負ってくれます。そういう層がたくさんいるのも事実であり、今後もSEO対策のライティング単価は、下がる可能性があります。

SEO対策とライティングの具体的な方法

SEO対策に必要になってくるライティングの具体的な方法としてはまずは準備が必要になってきます。SEO効果のある文字数として三つからなります。では事前準備としてSEO対策のための必要なことは作成したキーワードの調査表を見てターゲットになるユーザーを考えましょう。使用できる言葉、共起語を考えながら作成する文章を見つけていきます。タイトルにキーワードをライティングして分かりやすく説明する、ユーザーが知りたいことを詳しく書く、SEO対策の文字数を目安にしていきます。SEO対策では基本ユーザーが満足することをライティングしますが、魅力的な文章は被リンクにも獲得できる素晴らしい効果を発揮してくれるはずです。単純にライティングしている文書とはSEOライティングしている文章とは異なり、まずはタイトルが異なります。SEOライティングができている具体的なものとは背景が分からなくても分かりやすく書いていますので徐々に対策を織り交ぜていきましょう。

SEO対策は過剰過ぎるのも良くない!

当たり前のことなのですが、「SEO対策は過剰過ぎるのも良くない!」ということは、必ずライティングにおいて言えることでしょう。まあ、ここであえて強調をしなくっても、過剰なワードの多用は避けられるということは、多くの人がわかっていることでしょうけれど。

キーワードを入れるのでしたら、そりゃあもう隙があれば使っておきたい気持ちはわかるんです。たいていの人がサービス精神が過剰になりがちだったりしますから。

けれども読み手側の人間からすれば、あまりにも不自然な言葉遣いは辟易してしまうものだったりしますからね。ですからこそ、「SEO対策は過剰過ぎるのもNG行為だ!」なんて言われているのですからね。

なにごとも「自然に」「適度に」が重要なのです。言葉遣いひとつで伝わり方が変わるように、ライティングにおきましても特定のワードの多用はできるだけ控えて、そしてポイントで効果的に使っていくのが良いのです。それが効果的なSEO対策だと言えるでしょう。

テーマやキーワードは自分で決めて、書くのは人に任せてしまうのも

ブログやHPでアクセスを増やすためには、SEO対策が必須です。
狙ったワードで検索上位に付けるために、記事全体の中で何度も同じ言葉を出したり、何字以上にする等ですね。
アクセス増やそうとしてる人の大半はやっている事だと思います。他にもSEOに強い内部構造をもったワードプレスのテンプレートを使ったり、画像の名前にも注意したりと、色々出来る事はあります。

ですが、そういった事はライバルもやっているので、やはり記事自体に魅力がないとサイトの評価は上がりません。
頑張って多くの記事を書いて、それでも結果が出ないときは、いっそライティングの外注を試すのはどうでしょうか。
ランサーズやクラウドワークスが有名で、1記事数十円から集める事も可能です。
こういうテーマでこのワードを何回、何字以上で、といった感じで指定出来るので、自分で書くよりいい物が上がってくる事も期待出来ます。
ただ、安く注文出来るので、納品される質はピンキリになります。数十件注文して、使えるものは半分以下というのも覚悟しておかなくてはいけません。

また、注文する側でなく、受ける側で見てみるのも参考になりますよ。なるほど、他の人はこういうとこにポイントを置いて記事を作るのか、といった感じにです。

ライティングによりSEO対策をした後の結果を考える

ライティングによりSEO対策を講じて検索エンジンにおいて上位に自社サイトが表示されるようになるのでしょうか。これはやってみないとはっきりとはいえません。ライバルの会社がこの手の対策をしていないのであれば、することは効果があると思いますが、対策をしたので必ずしも順位が急激に上がるということはありません。また上がるとしてもそれはじわじわという感じになるかもしれません。多くの人は検索して紹介されたサイトを見ていくことになるのですが、それはせいぜい3ページくらいまでであるに違いありません。そのようなことを考えるとそのくらいの順位に入るようにはしたいですし、場合によっては1ページしか見ないという人たちも少なくないので、20位以内くらいに入るように目標を設定してみてSEO対策をしていくことができるかもしれません。ライティングはライターに依頼したほうが、変化に富んだ興味深い記事が集まりやすいので活用していくことができるでしょう。

SEO対策に効果的なライティングとは

効果的なSEO対策をするためにはライティングの工夫が必要不可欠です。そのなかでも検索キーワードの使い方は最重要と言えるでしょう。まず、キーワードは適切に設定しなければなりません。そもそも検索率の低いワードを使用しても意味がありませんから、あらかじめ使用したいワードの検索数や検索結果をチェックしておくことは大切です。また新規の商品名などは同時に宣伝を打たなければ検索されようがありませんから、宣伝が弱い場合やマイナーなコンテンツに関する記事の場合はより広範に使われているワードを合わせて置いておくことも必要となるでしょう。そして検索キーワードはタイトルと本文の両方に使うのがもっとも効果的です。タイトルだけ、本文だけであると読者を混乱させるだけでなく検索エンジンの機械的判定にも悪影響を及ぼします。またタイトルにはキーワードを一つ、本文は段落分けをして各段落ごとに一つといったように分散させてキーワードを入れるのがコツとなります。

副業としてのSEO対策ライティング

私はライティングの副業をしています。書いている文章は主にSEO対策のためのものです。これで月々6万円ほどの副収入を得ています。

ネットではSEO対策のライティングのお仕事を募集しているサイトが数多くあります。たとえばクラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトがそうです。これらのサイトに登録すると、いろんなライディング案件を仲介してもらえ、その中にはSEO対策のライティング案件も数多くあります。

私が得意としているSEO対策の文章はセドリをテーマとしたものです。私は普段からヤフオクを利用してセドリをしているので、このテーマについては書くことがたくさんあるのです。SEO対策のためのライティングを副業とするなら、自分の得意なテーマに絞って作業すると効率がよいと思います。

ライティングは誰でもできる気軽な副業ですし、その中でもSEO対策のための文章は単価がよいのでおすすめです。副収入が欲しい人は是非とも試して下さい。

ブログライターに依頼するSEO対策のためのライティングの指示

ブログライターという専門で簡単なブログ記事を書くライターがたくさんあり、そのような人はサイト内のライター案件のある仕事を見つけては記事を書いて収入を得ています。そのブログライターに自社のサイトの検索順位を上げるためにSEO対策をしたいと思う場合には、指示としてキーワードを使って書いてもらいたいということ、そしてその際にはどのくらいの回数を使って欲しいかということまで指示することができるでしょう。1回でもいいのか、それとも3回くらい使って欲しいのかということを決めることができます。そして急いでそうした記事が欲しい場合には単価を上げると多くのライターが一斉に飛びつくように仕事をしますのであっという間に記事が集まることになるでしょう。100記事くらい集めたいと思っても金額が低いとライターのモチベーションが上がらないためになかなか提出される記事が集まらないということがあります。その点での金額設定は微妙なのです。

SEO対策で欠かせないライティングという作業

検索結果上位に表示させることを専門用語でSEO対策という風に言うのですが、皆様はご存知ですか?では具体的に何をすれば良いのかという事になりますけど、その方法は様々です。しかし代表的な物でライティングというのがあるんですね。光を当てるという意味ではなくて、文字を書くという意味で使われる言葉です。SEO対策ではこれを無視する事ができないんですね。ただし1人でやるともの凄く時間が掛かってしまうので現実的ではありません。

そこでこれらは外注をするという事になります。幸い今の時代はネット経由でこれらの文章を入手する事ができますので、非常に効率的であると言えるでしょう。昔はネットそのものがありませんでしたから、この商売そのものが存在していなかったのですけど、新たな市場が出来上がったという風にも言えます。書く側としては正直言って儲からないのですけど、それでも普通の内職よりは割りが良いですからね。何とか頑張って書いているという所です。