注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

SEO対策のライティングは慣れがすべて?

SEO対策のライティングにおいて、もっとも重要なのは「自然さ」であると常々感じているのです。やっぱり人間というものは、「あ、コレは宣伝だなー」と感じてしまうと、たとえそれまでは好意的に見ていたとしても、一気に手のひらをくるりと返して、そして眉唾物で対象を見ることだってありますから。

そして何気ないテキストこそ、SEO対策のライティングがとても重要だと言えるでしょう。過剰過ぎず、かといってキーワードがあまりにも入らなさ過ぎるのは避けなければなりませんからね。まあ、だからこそちょっとしたコツや自然なテキスト制作の流れを身につけておくことが、SEO対策のライティングを行っていく上において重要なことだと言えるのですが。

また、キーワードを入れる位置の指定まで入ってきたのでしたら、それこそSEO対策のライティングの難易度はグンと上がることでしょう。けれどもすべては「慣れ」なのです。慣れてしまえば、とくに意識をしなくても、自然に書いていくことができたりもしますからね。

SEO対策のライティングで稼ぐ方法

現在様々な形態の副業があります。特にネットが普及し、その中でも注目を集めているのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングは在宅で簡単に始めることができる副業として多くの人から支持されています。ではその秘密はなんでしょうか。
まず秘密の1つはSEO対策のライティング案件が多いということです。ライティングというのは指定された話題やキーワードに基づいて文章を作るというものです。ライティング案件の中には専門的なものもあります。専門的な知識や経験がないとライティングできないものもあるのですが、SEO対策のライティングの場合には、キーワードを含めて自然な形の文章であれば良いので始めやすく、手軽に稼げることができます。
秘密の2つ目はなんでしょうか。それは空いている時間を活用できるという点です。家にネット環境があれば自分の空いている時間にライティングを行うことができます。まさに副業として自分のペースで稼ぐことができるのです。

SEO対策を意識したライティングとそうでない場合

稼ぎの額は少なくとも、一応はライターを本業としているので、クライアントが何を求めているのかを意識して日々ライティングをしています。
面白いブログ記事を求めている場合、内容ではなくキーワード重視の記事を求めている場合では書く内容も変わります。
いわゆる「SEO対策」用のブログ記事の場合は文章は日本語が破綻していなければいいのでとにかくあるキーワードを何回か盛り込んでほしいというものが多いですね。
検索した時にブログ記事が上の方に出た方が見てもらえる回数が増えますからね。
意外とSEO対策用のライティングは難しかったりします。
やはり日本語が破綻しないように自然な文体で何度も同じキーワードを入れるというのはある程度は文章力がないとできないと思います。
それを思うと私の場合は内容重視の記事の方が易しい場合もあります。
いわゆる得意分野というやつですね。
自分が好きなことやよく知っていることというのはサラサラとライティングが進みます。
何度同じテーマで書いても、文体やシチュエーションなど違った角度から切り取って書くなど工夫をすれば同じ文章にはなりえません。
なのでライティングをする上では1つのことに対して色々な角度から書くという練習はしておくと助かると思います。

SEO対策のためのライティングでは文章の分量は多い方が良い

SEO対策をするうえでは文章の分量というのも1つ大事になってきます。SEO対策を意識してライティングをする場合でも、文章量が多いのと少ないのでは効果が違ってくると考えられるのです。それはやはり文章量が多い方が情報が多いということになり、検索エンジンがより有益なサイトだと判断するためだと思われます。ただ、とにかく何でも良いから多く書いて文章量を増やすことが良いわけではないです。あくまでも多角的な、タメになる情報を多く載せることで有効になる方法になりますから、手間をかけて、たくさん調べて、1つのページを作った方がSEO対策としては有効になるというのは知っておくと良いと思います。したがって、短時間でできるようなページを量産するくらいならば、手間や時間を多くかけて作ったページを少数用意した方が、トータルのアクセス数などは増える可能性もあるということではないでしょうか?SEO対策のためのライティングではそういったところも考えていきましょう。

SEO対策のためのライティングの品質において

最近はインターネットを検索した時に、検索順位が上位にくるように様々な工夫がされています。その最もたる工夫がSEO対策と言われるものです。SEO対策とは、検索キーワードをもとにライティングされた文章であり、サイトの検索順位を上げるための記事とも言えます。クラウドソーシングなどをのぞいてみると、SEO対策のためのライティング文章を募集している事も多く、一般人がSEO対策の記事を執筆していることも珍しくありません。SEO対策のライティングの文章としては、最低限していされたキーワードを何回か盛り込んで記事を執筆することです。そのキーワードにヒットして検索順位が上がる、という仕組みですが、多くのSEO対策のための文章は検索キーワードが含まれていればあまり細かい品質はこだわらないという特徴があります。もちろん他サイトからのコピーアンドペーストは許されませんが、それ以外であれば多少事実と異なる内容でも採用されるのが特徴とも言えます。

ライディングはなるべく長文を

検索では、ライディングの内容を元に検索表示される順位が決定されます。そのため、SEO対策ではなるべくライディングに重きを置いて文章を作成しましょう。また、その際にはなるべく長文を作成することをおすすめします。
グーグルが評価する一つの基準として、文量が挙げられます。長文をしっかりと書いてあるサイトは関連するキーワードで上位に表示されやすくなりますし、内容のあるページならさらに上位に表示されるでしょう。ただし、適当に文章量を増やすのではなく、きちんと中身のある文章を作成しましょう。いかにも水増しされた文章で長文化されても、高い評価を得ることはありません。
SEO対策を考えるときには、長文化できるよう普段から書き慣れていることが大切です。SEO対策は読者だけでなく、機会にも読ませなくてはならないため最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば勝手もわかってくるはずです。常に文章を見なおして、本当にこれでいいのかを確認して掲載しましょう。

SEO対策のライティング

SEO対策のライティングは、ライターとしての難易度が高くなく、キーワードを所定回数以上含むことが、主眼となっています。しかしながら、昨今、不自然なライテイング文により、検索上位になったとしても、それが、本当に購入に繋がるのかという疑問も持たれ始めています。誘導するだけなら、不自然なライティングでも問題ありません。しかし、リンク先等を見るまでに、印象を悪く持たれたり、怪しいなと感じてしまわれれば、やはり、サービスや商品の購入をためらわれてしまいます。したがって、最近では、SEO対策のライティングでありながらも、質の高いライティングを求められるケースも増えています。また、自然な形でキーワードを入れることを望むクライアントも増えています。今までのように連呼型のキーワードではなく、回数の多さで勝負しないというのが、今後SEO対策のライティング依頼として増えてくると思われます。また、明らかに不自然な文章や知識がないライターが書いたライテイング等も減っていくと思われます。

SEO対策で好まれるライティングの特徴とは

IT化の時代になり、SEO対策という言葉が定着してきました。SEO対策というのは、インターネット上で検索順位を上げるための対策であり、ほとんどはライティングによってSEO対策を行います。SEO対策のためのライティングというのも珍しくなく、それほどまでして運営するサイトの検索順位を上げたいと思うのです。SEO対策のライティングと言うのは、一般的なライティングの文章と少し特徴が異なります。SEO対策の場合は、ほとんどの場合キーワードが決まっており、そのキーワードで検索する人がヒットしやすいようにしているのが特徴です。SEO対策のライティングとは、そのキーワードを意識的に盛り込んで作られた文章のため、全体的にみると少し違和感があったり、くどい感じの印象を持つ人もいます。しかしライティング内に盛り込まれているキーワードが多ければ多いほど、検索キーワードでヒットする可能性が高いです。SEO対策のための文章は、そういった背景のもと書かれています。

代名詞と専門用がから考えるライティングとSEO対策

検索エンジンに向いているライティングとはSEO対策で最も重要なのは当然ながら質になってきますが、ユーザーにとって検索して訪問されることで増えることはこちらにとっても嬉しいことになります。検索エンジンも人が読むことをかなり意識しているので、高い精度のコンテンツの質をジャッジしているということにもなります。ですが現状では人の読む場合と比較して判断しにくい表現もまだまだあります。ですから少しでも検索エンジンで読みやすいように表現方法を身につけなければいけません。文字長を短くしながら効果を現すには代名詞をできるだけ使用しないこと、どれだけ文脈上同じ意味でもテーマとSEO対策のライティングでは別になってきます。もちろん不自然さを避けなければいけません。専門用語も上手く使わなければ何を話したいのかが分からなくなってきますので、例えばSEO対策の初心者にとって有益な記事だとしても検索エンジンでは上位に来ないことも考えられることを踏まえ分かりやすいライティングを心掛けましょう。

ライティングするなら自然とSEO対策を意識

ライティングを請け負う上では、SEO対策についてはクライアントからとくに指示がなかったとしても、やっぱり意識してしまうことでしょう。それはなにもお金が発生する「仕事」だけではなくって、何気ない一般人のブログにおいても、やはりライティングをしていく上では、SEO対策は意識してしまうものだと言えることですからね。

やっぱり「キーワード」のこともそうなのですが、なにかを意識してライティングをしていきますと、「やりがい」が違ってきますからね。仕事としてライティングをしないという人でも、たとえばアフィリエイトをやっていたりしていますと、やっぱりどこかしらでSEO対策は意識してしまうものだということは、決して否定することはできないでしょうね。

それに「人に見られるテキスト」を書く上では、やっぱりライティングは意識して作っていくものですから。ただポイントとしてはキーワードを連発し過ぎるのは避けた方がいいものですけれど。