注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

SEO対策記事はわりとわかるように

SEO対策のライティングテキストをそれなりの数作っていますと、インターネット上のSEO対策のライティングテキストにもすぐに気がつくようになるのですよね。「あ、これ、SEO対策されている文章だろうなー」と思って、そのホームページのソースを見てみると、「おお、やっぱりちゃんとSEO対策されているんじゃないか。ソースのところにまで」なんて、自分の見当が当たってちょっと嬉しくなったりもするものですけれどね。

しかし、そういうものだとはいえ、私のようなものでも気軽にホームページのソースを確認できてしまうインターネットの作りは、根本的に見直す必要があるのではないかなーとも思います。まあ、ここでそのようなことを言ったところで、どうしようもないことなのですけれど。

しかし、SEO対策のテキストというものは、とても自然に書かれているものであっても、なんとなく気がついてしまいますよね。でも、うちの母からしてみれば「まったくわからへん」ということですから、「だからどうした」と心配ないことなのでしょうけれど。

タイトルで考えるSEO対策のライティング

SEO対策におけるライティングにはタイトルは欠かせません。そして最も重要なことにもなりますので、基本的に注意しておくべきことがあります。記事の中でも対策にしているキーワードがしっかりタイトルに入っているか、当然のことではありますが、えすが例えばそのタイトルに魅力が無ければ意味がありません。そしてあまりにも意識してしまうと逆にキーワードからタイトルが抜けしまうことにもなりかねません。気をつける部分としてはテーマが複数ある場合、どういったことかがはっきりしなくなるので、検索エンジンからの評価が下がってしまいます。つまりひとつに絞込み、それ以外のことは別で考えるようにしましょう。またタイトルには28文字くらいを目安にすることです。これはgoogleの検索結果画面の上限として32文字以内ということもあります。ですが画面が仕様変更とによって表示文字数も違いが出てきますので、無難なところでこの文字数で考えるようにしましょう。

ライディングと専門性について

当り障りのないサイトを開設するよりも、専門性の高いサイトのほうが重宝されるのは当然のことです。もちろんサイトの運営者が正しい知識をつけていて、それを発信していることが求められますが、SEO対策でもこの重要性は変わりません。
SEO対策の文章は、グーグルのように人以外に読ませる文章としても意識させなくてはなりません。そのため、文章に専門用語などを織り交ぜることによって、機械に専門性の高い文章であると思わせることができるのです。検索エンジンも、専門性の高いサイトを評価する傾向にあります。その傾向にしっかりと乗ることで、常に高い評価を得られるようなサイト作りを目指しましょう。
ライディングに専門性の高さを求めるのは、やはりその道に精通していないといけません。コンテンツの需要次第ではありますが、他のサイトとの差別化を図るためにも、自信のある分野で高い専門性をもつ文章を作成してみましょう。そうすれば、誰もが認めるサイトになります。”

サイトのクオリティをアップさせる小見出しでSEO対策

サイト構築において内容のクオリティをアップさせるためには、タイトルや小見出しに何かしらの工夫を入れることが大事です。内容のクオリティをアップさせることはSEO対策においても欠かせず、それを疎かにしていてはアクセス数が伸び悩んでしまいます。

 段落ごとに小見出しをつけることは、ライティングする側からすればやや手間のかかる行為です。ですが、それをすることによって文章全体の流れが一目でわかりますので、実際に読む側にとってはわかりやすくて助かります。

 ライティングの際はそれほど小見出しのことを気にしなくても、段落ごとにどんな内容なのかをわかりやすく小見出しにすればそれは自然と決まります。つまり、小見出しをつけることでライティングする側も、内容をその都度確認できるのです。

 サイトのSEO対策では内容のクオリティをアップさせることが一番確実ですので、タイトルや小見出しの工夫はぜひともすべきです。そうすることで徐々にアクセス数を伸ばせるサイクルができます。

質を求めたSEO対策とライディング

SEO対策は様々な方法があるため、数多くの方法を試している方も珍しくありません。しかし、本当にその方法でSEO対策は成功するのでしょうか。大切なのは、質を高めることです。量も重要な要素ではありますが、SEO対策においてはどちらも無視することはできないのです。
では、SEO対策と質とはどういうことでしょうか。ライディングを例に考えてみるとわかりやすいでしょう。いかにも水増しされた、よくわからない文章が書き連ねてあるSEO対策よりも、しっかりと文章が作成されていて、読んでいてタメになるサイトでは効果が全く異なります。何よりそのサイトのリピーターになってくれるため、PV数も着々と増加させられるのです。
質にしっかりとこだわりを見せることによって、誰もが見やすいSEO対策を実現してはいかがでしょうか。ライディングでいきなり質の高さを求めても、誰もがいきなり成功するわけではありません。普段から意識してようやく成功するので、まずは始めてみましょう。

クオリティを重視したライティングとSEO対策

ライティングのクオリティというのはとても重要になることがあります。もちろんどんな人でもつまらない記事は途中で読まなくなりますし、すぐに別の記事へと流れてしまうことでしょう。同じようなことがSEO対策においてもいえることで、やはりクオリティを重視したライティングを行うことが大切です。特にあるキーワードの専門用語や関連するワードを使うように意識することができるかもしれません。そうすると専門的な内容を扱っているために、その記事は重視されやすく、認知されるということになります。またキーワードは記事の中で1つの場所にまとめて使うのではなく、例えば前半に2回後半に2回というように均等にバランスよく組み入れるようにしてライティングすることができるでしょう。そのようにしてクオリティを重視したSEO対策としてのライティングができれば、それは評価されることになるのです。そして質のよい記事は多くの読者を引きつけるようなものとなるに違いありません。

SEO対策と密接な関係にあるライティング

SEO対策とライティングは密接な関係にあります。なぜなら、ライティングによって作成した記事の文章量や質次第でコンテンツの表示順位が変化するからです。文章量と質が十分なブログやサイトは上位で表示されます。一方で、文章量と質が伴っていない場合は、なかなか上位に表示されないです。文章量か質のどちらか一方が十分であれば、上位表示される可能性はあります。しかし、どちらも十分な場合に比べると力不足は否めません。

文章量と質が十分なコンテンツにするのは簡単なことではありません。記事の内容や構成をじっくり考えながら作業するため、完成させるのに時間がかかってしまうからです。また、詳しくない内容の記事を仕上げる場合は、調べながらのライティングになってしまいます。しかし、知識のない分野だったとしても、記事を作成するために調べながら作業することによって、ある程度の知識を得られます。そうすれば、SEO対策で同じ分野のライティングを行う際は、スムーズに作業できます。

SEO対策の基本は自然な日本語でライティングをすること

作ったサイトを検索上位へと押し上げたいときに必須とされているのが、SEO対策と呼ばれるサイト作りのテクニックです。その方法は様々あるものの、訪問者へとダイレクトに情報を伝える文章そのものには特に気をつけないといけません。いわゆるライティングをないがしろにしては集客が見込めないため、ネット上に公開する前にチェックするべき点といえます。
ライティングでSEO対策をすると言っても難しく考えなくても大丈夫で、常識的なことを押さえておけば自然と検索エンジンの評価が上がります。タイトルは長すぎず短すぎず、誰が見ても内容が把握しやすいものを考えて作るべきです。これは約30字を超えると検索結果でタイトルが省略されることにより、内容が連想しにくくなってクリック率が不安定になってしまうからです。
そして人の目線は文章が始まる左側に集中しやすいため、先頭に重要なキーワードを入れておくことを心がけましょう。記事内容にも同様のことが言えます。あとは正しい日本語でライティングを行うことで、初心者でもSEO対策の初歩が簡単に行えるようになります。

SEO対策のライティングはまず結論を先に述べること

SEO対策でのライティングに関してですが、その際にページ上部を友好的に活用することは大切なことのひとつでもあります。googleの評価アルゴリズムは英語圏での開発ですので、英文のコピーライティングのマナーに関しての方法で文章で評価がされているはずです。日本語の文章とはつまり違いがあるということですから、英文の場合、結論を先に書くということになります。と言うことはgoogleでの結論とはつまり重要なキーワードを考えたとき、まず始めに文章が来ているはずです。見出しの直後にSEO対策キーワードを配置することはリードコピー部分に対象キーワードを配置するということで、つまり直後のすぐ近くに配置することが好ましいと言うことでしょう。SEOライティングには最後に結論を書くのはダメです。まずキーワードを含んだ結論を先に書くこと、そしてその根拠をその後に書き綴るということになるので、まずはこのあたりを理解してSEO対策のライティングを心掛けましょう。

意外と難しいSEO対策のライティング

「SEO対策のライティングなんて簡単さ!誰でもできるでしょ!」なんて、余裕ぶっこいている人も多いでしょう。まあしかし大半は、実際にSEO対策のライティングを行ったこともないのに、そのようなことを言っている人がほとんどでしょうか。

けれどもね、実際に行ってみると意外と難しかったりするのですから。そりゃあ好き勝手にキーワードを並べていくだけでしたら、それこそ誰にだってできるでしょうよ。

けれども、「ごく自然に」そして「流れるようにキーワードを入れていく」というふたつのポイントをおさえているテキストを書いていくのは、意外と難しいことだったりするのですからね。

ですからこそ、SEO対策がなんなのかもわからない人には、SEO対策のライティングのことなんて語って欲しくはないというものです。簡単なようで難しいのがSEO対策のテキストなのですから。たとえば「あ、これステマだ!」なんて気がつかれるようなテキストではダメだというものですから。

ついつい読んでしまうSEO対策文章って!?

ついつい読んでしまうようなSEO対策テキストこそが最高だと言えるのではないでしょうか。まあ反対に言えば、うるさすぎるほどに特定の言葉を使っているテキストは、「あ、これ宣伝じゃん…」などと思って、そしてイヤ〜な気持ちになって、そこで読むのを止めてしまうということだってあるわけですから。

まあ実際に、自分がそのタイプなのですけれど。そしてだからこそ自分でもライティングをする上で気をつけていることと言えば、さりげないキーワードの使い方です。キーワードを括弧や装飾で飾って、不自然に過剰に目立たせる必要はなく、あくまで自然にテキストのなかに登場するような方法こそ、至高のものだと言えるでしょうか。

まあそのような「自然にキーワードを入れる」というライティングは、もちろん簡単ではないのですけれど、しかしながらSEO対策テキストにおいては、とても重要なことであり今の時代のライティングに求められていることだと、しっかりと言うことができるでしょう。

SEO対策とライディングの記事作り

SEO対策は、サイトの外見と中身、両方を両立させることで初めて効果を発揮します。特に、記事作りに関しては、いかにテーマを統一させて完成させるかが重要となるので、各記事ごとにテーマを設定して作成してみましょう。そうすれば、読者にも内容が伝わりやすくなります。
テーマを設定するとはどういうことかというと、例えば同じ記事でも段落ごとにテーマがブレてしまうことは珍しくありません。しかし、そんな文章を読んで、その他の記事も読んでみたいとなるでしょうか。おそらく、多くの訪問者はその時点でサイトを切ってしまいます。見出しを複数用意することは間違いではありませんが、その分テーマがブレやすくなることも理解しておきましょう。
SEO対策では、こうしたライディングの基礎を高めていくだけでも効果は大幅に高まります。なぜこの記事を作成したのか、どのような人に読んで欲しいのかなど、それぞれに意味を持たせることを忘れないようにしながら記事を作成しましょう。”