注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

SEO対策で好まれるライティングの特徴とは

IT化の時代になり、SEO対策という言葉が定着してきました。SEO対策というのは、インターネット上で検索順位を上げるための対策であり、ほとんどはライティングによってSEO対策を行います。SEO対策のためのライティングというのも珍しくなく、それほどまでして運営するサイトの検索順位を上げたいと思うのです。SEO対策のライティングと言うのは、一般的なライティングの文章と少し特徴が異なります。SEO対策の場合は、ほとんどの場合キーワードが決まっており、そのキーワードで検索する人がヒットしやすいようにしているのが特徴です。SEO対策のライティングとは、そのキーワードを意識的に盛り込んで作られた文章のため、全体的にみると少し違和感があったり、くどい感じの印象を持つ人もいます。しかしライティング内に盛り込まれているキーワードが多ければ多いほど、検索キーワードでヒットする可能性が高いです。SEO対策のための文章は、そういった背景のもと書かれています。

代名詞と専門用がから考えるライティングとSEO対策

検索エンジンに向いているライティングとはSEO対策で最も重要なのは当然ながら質になってきますが、ユーザーにとって検索して訪問されることで増えることはこちらにとっても嬉しいことになります。検索エンジンも人が読むことをかなり意識しているので、高い精度のコンテンツの質をジャッジしているということにもなります。ですが現状では人の読む場合と比較して判断しにくい表現もまだまだあります。ですから少しでも検索エンジンで読みやすいように表現方法を身につけなければいけません。文字長を短くしながら効果を現すには代名詞をできるだけ使用しないこと、どれだけ文脈上同じ意味でもテーマとSEO対策のライティングでは別になってきます。もちろん不自然さを避けなければいけません。専門用語も上手く使わなければ何を話したいのかが分からなくなってきますので、例えばSEO対策の初心者にとって有益な記事だとしても検索エンジンでは上位に来ないことも考えられることを踏まえ分かりやすいライティングを心掛けましょう。

ライティングするなら自然とSEO対策を意識

ライティングを請け負う上では、SEO対策についてはクライアントからとくに指示がなかったとしても、やっぱり意識してしまうことでしょう。それはなにもお金が発生する「仕事」だけではなくって、何気ない一般人のブログにおいても、やはりライティングをしていく上では、SEO対策は意識してしまうものだと言えることですからね。

やっぱり「キーワード」のこともそうなのですが、なにかを意識してライティングをしていきますと、「やりがい」が違ってきますからね。仕事としてライティングをしないという人でも、たとえばアフィリエイトをやっていたりしていますと、やっぱりどこかしらでSEO対策は意識してしまうものだということは、決して否定することはできないでしょうね。

それに「人に見られるテキスト」を書く上では、やっぱりライティングは意識して作っていくものですから。ただポイントとしてはキーワードを連発し過ぎるのは避けた方がいいものですけれど。

SEO対策に効果的なライティング

SEO対策に効果的なライティングというものはどんなものなのでしょうか。
まず、SEO対策というものは、ある検索サイトにて調べられたキーワードに対して出た結果の、検索ランキングの上位にサイトを表示するための対策なのです。
SEO対策をしているかどうかで、検索結果の上位に表示されるかどうかは顕著に表れます。例えば、ボーリングの情報を伝えたいブログ記事なのに、ひたすらオリンピックの話題を書いていれば、ボーリングでの検索結果の表示順位は落ちてしまうでしょう。しかし、ボーリングの話題をきちんと提供していれば、表示順位はしっかりとキープあるいは向上するのです。この対策に効果的な手段のひとつがライティングです。
ひとえにライティングと言っても、余所のサイトの情報と似たり寄ったりでは、検索の上位を狙うことは難しいですので、求められるのはオリジナリティです。そして、その情報の有用性。
独自性があり、検索した方にとって知りたい情報をライティングしていくように心がけましょう。

ライティングはSEO対策を意識しよう

作りたいサイトの構想を練って、設計し、HTMLで作成したウェブページを、多くの人に見てもらうために必要なのがSEO対策です。SEO対策をすることで、検索ランキングの上位にサイトが表示され、見てくれる人が多くなるのです。
検索エンジンによってアルゴリズムが違うので、これだけやれば大丈夫というものはありません。ですが、検索した方にとって必要な情報を提供しているというアピールは大事なことです。
定番化しているものは、その分野に特化したウェブページを作成すること。特化とは、キーワードにマッチしているか否かが重要になりますので、キーワードに添ったサイトのタイトルや、サブタイトルを心がける事です。読んで欲しい、見て欲しい部分のライティングに注意して、キーワードを適度に散りばめるのが一般的です。
あくまで一般的なので、これで上位を狙えるというものではないのが難しいところですが、意識するかどうかで検索順位は飛躍的に向上します。
せっかく作ったサイトなので、多くの人に見てもらいたいと思いますので、コンテンツのライティングの際に意識してみてください。

新規読者を獲得するためのSEO対策のためのライティング

多くの人たちは検索サイトを使っていますが、何か興味のあることを調べたいと思ってそれをします。そしてキーワードを打ち込んでそこから出てきた記事をクリックしてみようという気持ちになります。それが他人のサイトではなく自分のサイトであればそれは新規読者を獲得することができたということになるかもしれません。それをするのがSEO対策であり、ライティングということになります。それをどのようにすることができるかということですが、ポイントになるのはキーワードということになります。キーワードがしっかりとタイトルの中に組み込まれているかどうかということです。タイトルというのはその記事の中身をまとめて短い言葉で表すものですが、記事の興味を引くという役目があるために、それを重視した結果、肝心のタイトルが入っていないということであれば、それはSEOライティングとしては失敗といえるでしょう。そしてタイトルは長すぎないように注意できるかもしれません。

SEO対策にライティングスキルは重要です

グーグルの検索で上位表示をするためにはSEO対策が必要になります。検索するキーワードに対して検索する側の意図をくみ取り適切な答えを返すライティングが必要不可欠です。それなりに検索キーワードを盛り込んだ簡単な文章ではSEO対策の効果は現れませんので、グーグルが適切と判断する内容でライティングをする事が重要です。自分でライティングする場合はもちろん外注さんにライティングの依頼をする場合も、SEO対策で必要なキーワードの盛り込みや文章校正などを適切に支持をしないと、SEO対策として役に立たない内容でライティングされる可能性もあります。ライティングの内容は明確な正解がないので分かりにくいと思いますが、検索したキーワードで上位表示されているサイトの構成やライティングを確認する事で、必要とされている内容が分かるようになって来ます。SEO対策はライティングの内容によって左右されやすいので、検索者の意図を明確にするような訓練も必要になりますが、それこそがSEO対策には必要なスキルだと思います。

SEO対策業者はライティングする人を大切に

大企業だけではなく、小さな会社もSEO対策に励んでいるというのが現状です。そこで重要になってくるのが文章を作成する能力、ライティングの技術なんですね。質を高めるというのはもちろんなのですけど、それ以上に重要なのがスピードでしょう。早く沢山の文章を書く力が求められているんですね。ですのでタイピングが早い人が重宝されるという事になります。1分間で何文字打てるかというのが極めて重要になってくるでしょう。

SEO対策業者の方も、その様な人たちに対しては優遇していただきたいなという風に思います。やっぱり需要と供給の関係で供給が圧倒的に多いというのがあって、中々待遇が良くならないのです。それは致し方ない面と言えばそれまでなのですけど、やっぱり人間が関わっている事ですからね。ライティングに励む人たちのモチベーション維持のためにも頑張っていただきたい所です。とは言え、業者側の都合もあるでしょうから無理は言いませんけどね。

SEO対策のライティングのメリット、デメリット

気軽にできる副業として多くの人から人気を得ているのがライティングです。ライティングの中でも人気があるのがSEO対策のためのものです。今日はSEO対策のライティングのメリット、デメリットを記したいと思います。
まずメリットとして最初にあげることができるポイントは気軽に始めることができるという点です。SEO対策の場合には内容よりもキーワードなどが含まれていれば、問題ないとされています。それで何か専門的な内容を必要とすることはなく、気軽に始めやすいと言えます。
さらに別のメリットとしてあげることができるのは案件が多いという点です。SEO対策のためのライティングは需要が高くクラウドソーシングサイトに数多く存在しています。ですので、自分のやりやすい話題で始めることができます。
ではデメリットはなんでしょうか。それはライターとして成長しにくいという点です。SEO対策の場合はそれほど専門的な知識は必要なくこなすことができます。そのため、仕事をこなした割には成長を感じられないという感じです。

常に変化するSEO対策のライティング

SEO対策を強化する場合のライティングですが、少し前のように関連ワードをたくさん並べれば良いということは今は無くなってきました。そのようなことをしてもまったく意味が無いばかりか、むしろ逆効果なんてこともあります。

ではSEO対策の為にどうしたら良いかというと、最近では一つのテーマに関連性のある記事を多く集めるというのが有効だと言われています。一見関連ワードをたくさん含めるのと似てはいますが、適当な分に関連ワードを含めるのとは違い、しっかりとした生地が必要になってきますのでライティングの難易度は上がります。

しかし、ワンテーマに絞ってライティングすれば良いので、あるテーマに専門的な知識を持っている人にはSEO対策がやり易くなったとも言えますね。今まででしたらたくさんの記事を常に書き続けなければいけませんでしたが、量より質、そうなったことで専門家にとっては有り難い方向に変わってくれました。

今後また以前のような形に戻るのか、今のままで行くのかはちょっと分かりませんが、常に変化するSEO対策は勉強が欠かせませんね。