注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

ライティングで検索上位に入るための方法

ブログを書く場合に、当然ながら文章作成における内容や構造が重要です。常に検索のトップに位置するようなブログは積み上げてきた記事の文章力もそうですが、キーワードを適度に詰み込んだバランスの良い記事を多く記載していることでSEOの観点からも優れたものになっているのです。

ではこれからブログを始める人や、ブログの訪問件数が伸び悩んでいる人はどのような対策をすれば良いのかと言えば、SEOライティングに特化した文章作成を行うことが大事なのです。

例えばあなたのブログタイトルですが、ブログの主旨とは関係ないタイトルになっていないでしょうか。タイトルはSEOの観点から見て基礎中の基礎と言われており、タイトルにキーワードを詰め込むことは至極当然のことなのです。

また日々のブログ記事について、これはライティング力もさることながら、キーワードを文章の中に適度に詰め込むことです。ただしキーワードを詰め込み過ぎてもSEOからすれば逆効果になりますので、1000文字の記事でしたら5から多くて10まで入れるのが望ましいです。

その他には文章が読みやすいように所々でスペースを置いておくことも忘れないようにしましょう。自分本位でなく客観的な視点で自分の作成した文章を作り上げることが大事なのです。

SEO対策のためのライティングの仕事を確実に行う

自分がSEO対策としてライティングの仕事をする場合にはどのようなことに注意を払う必要があるでしょうか。そのような記事は多くの場合あまり内容の質を問われることはないかもしれませんので文体も自由であり、書きやすい案件であるといえるでしょう。ですがポイントになるのは、指定されているワードを使った文章を作るということであり、それをしないと却下あるいは拒否されてしまうに違いありません。それでその指定されているワードを使っていかに素早く仕上げていくかということにかかってきます。そのワードから思い浮かぶものにはなにがあるのか、そして関連する内容はどのようなものなのかということを瞬時に考えて記事にしていくことができるでしょう。そしてそのような仕事は文字数が指定されていますので、400文字の場合もあれば500そして800文字という可能性もあります。そしてワードは1回だけ使用すればよいというものもあれば、4-5回使用するようにという指示のあるものもありますので、その指示を守るようにすることができるでしょう。

SEO対策でのライティングの難しさ

SEO対策ではWEBサイトでのライティングには様々なことを考慮した上で文章に表現させ最適化させる必要があります。検索サイトからの来訪が当然なことながら、そのことに対して検索エンジンの特性を組み合わせる必要があります。例えばキーワードに無駄に文字を取り入れたとしてもそれは無意味に終わりペナルティになることもあります。検索エンジンとはバランスが必要と言うことになります。ライティングとはユーザーの記憶に残るように次数内で表現しなければいけません。つまり文章を表示するだけでなく、ページ結果として上位表示させるようにSEO対策を考慮しながら書き方を考えなければいけません。例えばチワワと盛り込めば正しく評価されますが、ライティングとして考えるのであればこのキーワードについて上手く盛り込みながらユーザーの目を引き付けなければいけなくなります。つまり心を掴んで動かす必要性がありますから、かなりの労力も必要になってくることを理解しておきましょう。

ブログのライティングで誤字脱字は厳禁

ブログでSEO対策を実行するなら、その要になるのはライティングです。ブログの役割はライティングによって書かれた文章の内容を伝えることで、そのライティングがしっかりしていなければ意味がないです。

 まずライティングで気をつけなければいけないのは、誤字や脱字を少なくすることです。これは記事そのものの質を高めるために必要不可欠なことで、誤字や脱字が多いとどうしても質が低下してしまいます。それではアクセス数も伸びていかないですし、ブログ読者の信頼を得ることができなくなってしまいます。

 誤字脱字をなくすために必要なことは、アップする前に隅々まで推敲することです。それにより間違っている箇所を発見しやすくなりますので、一度文章を書きあげたら必ず推敲する習慣を徹底させることが大事です。そうすることで、より効果的なSEO対策になります。また、正しいライティングを行うためにはまず日本語の正しい知識が必要で、誤字脱字にならないよう文章を洗練させることが重要です。

SEO対策のため?というわけではありませんがライティングに精進していきます

なんだかgoogleさんの判断がWEBの世界ではルールになっているようで、結構、振り回されて来ました。検索されなければ自社のホームページは運営していく甲斐がないので、仕方のないことですが。
過去のパンダアップデートの時は意味のない言葉の羅列みたいなのは良くないと言われて、うちは大丈夫だとホッとしました。ペンギンアップデートの時は不自然な被リンクの多いホームページは良くないと言われ、当時、SEO対策会社に依頼していただけにあたふたしたこともあります。
そんなこんなを乗り越えて、1年ほど前から現在は「コンテンツの内容がすべて」というすごく当たり前な基準になったようです。WEBの世界も小手先の技術ではなく、まともな世界になり、胸をなでおろしています。
これからも、読む人に必要とされている情報をライティングして記事にのせ、ホームページに来てくれる人を満足させられるようにホームページの運営をしていきたいものです。あとは時流に合わせて必要な情報を掴み取って書いていけるように精進あるのみです。

SEO対策のライティングのコツはとにかく書くこと!

「当たり前じゃん」とツッコミを入れられるかもしれませんが、SEO対策のライティングのコツとは、とにかくたくさん書くことです。「あーだこーだ」「ここをこうしろ」と、御託を並べたところで「たくさん書くこと」には到底かなわないものです。

とにかくたくさんSEO対策のライティングをすることで、経験値が増えていきますし、なにより「慣れて」くるのですよね。たくさん書いていくことで、徐々にコツをつかんできて、そして自然とSEO対策のライティングをおこなえるようになってくるのですから。

ですから、「ここをこうして〜」とテクニック論を学ぶよりも、まずはとにかくたくさん書いていくことです。そしてダメ出しはしっかりと受け入れましょう。もちろん、テクニック論を知ることはいいことです。けれども、テクニックを学んだところで、それを実践することができなければ、意味がないなんて言えるでしょう。まあですからこそ、とにかくたくさん書いていくのです!

SEO対策のライティングは慣れがすべて?

SEO対策のライティングにおいて、もっとも重要なのは「自然さ」であると常々感じているのです。やっぱり人間というものは、「あ、コレは宣伝だなー」と感じてしまうと、たとえそれまでは好意的に見ていたとしても、一気に手のひらをくるりと返して、そして眉唾物で対象を見ることだってありますから。

そして何気ないテキストこそ、SEO対策のライティングがとても重要だと言えるでしょう。過剰過ぎず、かといってキーワードがあまりにも入らなさ過ぎるのは避けなければなりませんからね。まあ、だからこそちょっとしたコツや自然なテキスト制作の流れを身につけておくことが、SEO対策のライティングを行っていく上において重要なことだと言えるのですが。

また、キーワードを入れる位置の指定まで入ってきたのでしたら、それこそSEO対策のライティングの難易度はグンと上がることでしょう。けれどもすべては「慣れ」なのです。慣れてしまえば、とくに意識をしなくても、自然に書いていくことができたりもしますからね。

SEO対策のライティングで稼ぐ方法

現在様々な形態の副業があります。特にネットが普及し、その中でも注目を集めているのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングは在宅で簡単に始めることができる副業として多くの人から支持されています。ではその秘密はなんでしょうか。
まず秘密の1つはSEO対策のライティング案件が多いということです。ライティングというのは指定された話題やキーワードに基づいて文章を作るというものです。ライティング案件の中には専門的なものもあります。専門的な知識や経験がないとライティングできないものもあるのですが、SEO対策のライティングの場合には、キーワードを含めて自然な形の文章であれば良いので始めやすく、手軽に稼げることができます。
秘密の2つ目はなんでしょうか。それは空いている時間を活用できるという点です。家にネット環境があれば自分の空いている時間にライティングを行うことができます。まさに副業として自分のペースで稼ぐことができるのです。

SEO対策を意識したライティングとそうでない場合

稼ぎの額は少なくとも、一応はライターを本業としているので、クライアントが何を求めているのかを意識して日々ライティングをしています。
面白いブログ記事を求めている場合、内容ではなくキーワード重視の記事を求めている場合では書く内容も変わります。
いわゆる「SEO対策」用のブログ記事の場合は文章は日本語が破綻していなければいいのでとにかくあるキーワードを何回か盛り込んでほしいというものが多いですね。
検索した時にブログ記事が上の方に出た方が見てもらえる回数が増えますからね。
意外とSEO対策用のライティングは難しかったりします。
やはり日本語が破綻しないように自然な文体で何度も同じキーワードを入れるというのはある程度は文章力がないとできないと思います。
それを思うと私の場合は内容重視の記事の方が易しい場合もあります。
いわゆる得意分野というやつですね。
自分が好きなことやよく知っていることというのはサラサラとライティングが進みます。
何度同じテーマで書いても、文体やシチュエーションなど違った角度から切り取って書くなど工夫をすれば同じ文章にはなりえません。
なのでライティングをする上では1つのことに対して色々な角度から書くという練習はしておくと助かると思います。

SEO対策のためのライティングでは文章の分量は多い方が良い

SEO対策をするうえでは文章の分量というのも1つ大事になってきます。SEO対策を意識してライティングをする場合でも、文章量が多いのと少ないのでは効果が違ってくると考えられるのです。それはやはり文章量が多い方が情報が多いということになり、検索エンジンがより有益なサイトだと判断するためだと思われます。ただ、とにかく何でも良いから多く書いて文章量を増やすことが良いわけではないです。あくまでも多角的な、タメになる情報を多く載せることで有効になる方法になりますから、手間をかけて、たくさん調べて、1つのページを作った方がSEO対策としては有効になるというのは知っておくと良いと思います。したがって、短時間でできるようなページを量産するくらいならば、手間や時間を多くかけて作ったページを少数用意した方が、トータルのアクセス数などは増える可能性もあるということではないでしょうか?SEO対策のためのライティングではそういったところも考えていきましょう。