注目

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

SEO対策のライディングと差別化

同じような内容の記事を掲載しているサイトは、どちらを見ても大した違いはありません。差をつけるとするなら、サイト内のレイアウトなどの見栄え、使いやすさなどが挙げられるでしょう。しかし、SEO対策をするならライディングの差別化を図りたいところです。
ライディングの差別化とは、他のサイトとは違う内容の記事を掲載することです。全く新しい内容の記事を作成することは非常に難しくても、あまり書かれていない、他のサイトではあまり見られないような記事を作成できれば、それだけで他のサイトとの差別化を図ることができます。ただし、全くの需要のない記事だと意味が無いため、その点は注意が必要でしょう。
SEO対策では、他のサイトといかに異なる特徴を付けられるか、また見栄えなどを損なうことなく作成できるかが重要になるのです。SEO対策のライディングを考える上で基本となるため、他のサイトを参考にするのは良しとしても真似をするのは避けたいところです。

SEO対策はライディングで決まる

自身が開設しているブログ、サイトのPVを伸ばすためには、SEO対策が欠かせません。しかし、SEO対策は自分以外のサイトも当然実施していますし、どこかで差をつける必要があります。そこで、SEO対策はライディングから始めましょう。PVに大きく貢献できます。
ライディングとは具体的にどのようなことを指すのかというと、どれだけ読者に読ませる文章を掲載できるか、という点にあります。サイトを訪問してくれた方にもう一度訪問してくれるように文章を作成すること、これこそがPVを伸ばすために必要な第一歩なのです。いくら目の引くタイトルを設定し、サイトを開設しても、一期一会のサイトを作成していてはPVも思ったように伸びきらないのです。
自分の文章力を鍛えるというのは、想像以上に大変なことです。大切なのは、自分が読むのではなく、読者に読ませるという意識づけです。ライディングが上達すれば、それだけで上等なSEO対策となるため、まずはここから完成させましょう。

SEO対策に効果的なライティングは主題が重要

SEO対策を試みながらホームページを作成する場合、ライティングの内容は非常に重要です。それが興味深いものであるならば、多くの人によって観覧される確立は高くなります。そして観覧数が増え、尚且つそれが優良サイトであることが検索エンジンによって認識されるのであれば、検索順位はアップします。しかしそのホームページが観覧者によってオープンされなければ、ホームページの評価にはつながりません。そのためまずはある程度のSEO対策を意識し、ホームページを作成する必要があります。
ここで注目すべきなのは題名です。多くの人は調べものを行うときにキーワードを入力して検索を行います。そのためどのようなキーワードを用いて検索を行うかを考え、そのワードを題名に組み込むようにするのです。もちろん題名はライティング内容と合致したものでなければなりません。そうすることでホームページが徐々にオープンされていき、それが優良とみなされる確立はアップしていきます。

コピーライティングのテクニックだけでは、インターネットで売れないことを知っていますか?

もしあなたがコピーライティングを勉強しているのであれば、AIDAの法則、QUESTフォーミュラー、強力なヘッドライン、ベネフィット、ホットボタン、お客様の声、具体性、緊急性など、色々な知識を知っており、使いこなし、売上をあげていると思います。

これらのコピーライティングのテクニックは、成約させるためには確かに重要であり、かつ実際に効果もあります。

しかし、・・・。

インターネットでの場合は違ってきます。

なぜなら、インターネットで売れるには、前提として検索エンジンに上位表示され、アクセスが集まらなければならないからです。コピーライティングのテクニックを使って、成約率の高い文章を書いても、読まれなければ意味がありません。

だから、インターネットの場合は、SEO対策を意識したライティングをしなければなりません。

それでは、一体どのように書けば良いのでしょうか?

まず、重要なのはタイトルです。タイトルには必ず検索するであろうキーワードを入れてください。その上で、注意を引くタイトルを考えてください。

文章については、キーワードを適度にちりばめましょう。また、これ、それ、あれ、彼などの代名詞の使用は極力控えましょう。さらに、専門用語も使いましょう。これらを意識して、記事を書いてください。

もしかしたら、あなたが学んだコピーライティングのテクニックと矛盾しているかもしれませんね。SEO対策を意識したライティングは、あくまで検索エンジンに向けたライティングであるため、人に向けたライティングと少し違ってしまうのです。

このことを意識して、その上であなたが学んだ人向けのコピーライティングのテクニックを使えば、検索エンジンの上位に表示され、さらに成約率の高いページが作れます。

SEO対策のライディングはわかりやすく簡潔に

自分の文章を見返してみると、なんだかわかりにくい文章だなあ、と感じたことはないでしょうか。客観的に自分の文章を見直すことは意外と難しい作業ですが、SEO対策のライディングには欠かせないスキルです。人を惹きつける文章を身につけるためにも、その点を考えて文章を作成してみましょう。
例えば、長い文章を作成することはライディングにおいて基本となります。しかし、その文章全てを読み通す人がどのくらいいるのかといえば、かなり少なくなるはずです。そのため、なるべく文章を読んでもらえるようわかりやすい表現で書く必要がありますし、冗長な文章を書いていては読み手を退屈させてしまいます。そうなれば、検索エンジンにも評価はされません。
わかりやすく簡潔に、この二つを兼ね備えている文章を作成できる方は、実は少ないのです。このスキルを身につけるだけでも他のサイトより一歩抜きん出ることができるため、まずはこのスキルを身につけることから始めましょう。

ライターとしてできるSEO対策って!?

インターネット上に載せるテキストのライティングをする上では、現代は「SEO対策は欠かせない」ということが言えるでしょう。SEO対策として、キーワードをインターネットのページを形作るソースに入れこみ、そしてインターネットの検索でヒットしやすくする〜という方法も可能ですけれど、しかしながらライターとして行えるSEO対策としては、やっぱりライティングですからね。

ですからもちろん、ライティングをおこなっていく時には、キーワードを効果的に入れておくことを常に意識している〜とでも言えるでしょう。もちろん、インターネットの世界だけの話ではなく、雑誌などの媒体でもそうですけれど、とかくインターネットにおきましては、「効果的にキーワードを入れること」が非常に重要なものなのです。

やっぱり、大抵の人はまずはインターネットで検索をしますからね。何か情報が欲しい時は、まずはお目当ての記事を見つけるために、キーワードで検索を行いますから。ですからこそ、SEO対策が重要だというわけなのですが。

注視すべき検索順位とSEO対策とライティング

SEO対策は絶対にすべきなのですが、そのためのライティング作業はどのくらいすべきなのでしょうか。それはやってみないとなんともいえません。実際自分でするのがよいのですが、様々な業務があるためにそれをする時間があまりないという人も少なくありません。そのような場合にはSEO対策を専門にしてビジネスしている業者がありますので、そこに依頼するという方法もあります。いずれにしてもこの対策のためにライティングを続けるには時間がかかることを覚悟しなければなりません。1日2日でおおきく結果が出るというものでもないのです。そして検索順位はある程度上がるとしばらく上位に留まるかもしれませんが、やがては落ちてきますので、再び対策をしていくことが求められてきます。結果としていつもこの面には気に留めておく必要があるということです。場合によっては急落してしまい、売り上げが落ちてしまうこともありますので、注意深くこの対策ができているかどうかを注視するべきなのです。

SEO対策のライティングについて

SEO対策のライティングの案件が、クラウドソージングサイトで募集されているのをよく見かけます。
SEO対策のライティングというものは、どういったものなのか、というと、SEO対策といって、検索をした際にヒットしやすくするように対策を行ったライティングの記事を作成するということになります。
ライティングそのものは、SEO対策記事となりますので、内容などはそれほど求められていないことが多く、キーワードなどがきちんと含まれていると、それでいいというものが多いです。このため、初心者の方でもこういったクラウドソージングサイトなどでのライティングの作業を行えることが多いのです。
こういったライティングの仕事ですが、しかし、キーワードなどに漏れがあったり、指定の文字数などをしっかりと守る必要性がありますし、コピーなどをしてしまうのは禁止とされていることがほとんどです。このため、SEO対策記事だからといって、コピーをしていいというものではなく、オリジナルであることが必要です。

SEO対策のためにライティングすることは不可欠

インターネットにおける普及率は増える一方であり、今やかなりの年配者までがパソコンを覚えてそれを楽しむようになっています。そして買い物もわざわざ外に買いに行かなくてもネットで簡単に買い物ができるのでそれを利用する人たちは増えているのです。そのような中で通販サイトを立ち上げている業者はたくさんありますが、自分の会社が多くの人の目に留まるようにするために必要なことがSEO対策であり、それはライティングにより記事を書いてそれをサイトに組み入れていくことが関係していくかもしれません。そのようにすることで、検索サイトでの順位が上がっていき、より多くの人がそれを利用したときに、自社サイトを訪れるようになってくれるかもしれません。集客のためにSEO対策は必須のものであり、それはライティングより行うことができるのです。多くの業者はそのために力を入れていて、そこに時間と費用を注ぎ込んでいる場合がありまますが、それだけ必要なのです。

SEO対策において意外と重要なタイトル

読んでほしい記事が完成しても、相手が興味を示さなければ記事が開かれることすらありません。そのままではあまりにも悲しいので、SEO対策ではタイトルからこだわりを見せましょう。そうすれば、ライディングも上手にこなすことができるはずです。
タイトルを上手に設定するとはどういうことかというと、まずは文字数です。文字数は基本的に28文字程度が妥当とされており、そこから大きく離れると検索に悪影響を及ぼしかねません。また、自分が記事の中で伝えたいキーワードをおそらく設定されているかと思いますが、そうしたキーワードをタイトルにさりげなくセットすることも大切です。それだけで目を引くタイトルができあがるのです。
記事に自信がある方こそ、このタイトルで妥協をしてほしくはありません。読んでみたい、思わず目を引かれてしまう、そんなタイトルを完成させ設定することで、多くの方に見てもらえるサイト作りを心がけましょう。それこそが、SEO対策の成功なのです。

SEO対策のライティングでは複合キーワードが大切

SEO対策のライティングでは複合キーワードを意識すると良いです。これはキーワードの組み合わせのことです。1つのキーワードのみではなくて、2つ以上を合わせて、その複合キーワードを意識して書いていくことにより、検索エンジンからの検索で自分のページが表示されやすくなります。単体のキーワードっていうのは、検索する人の数も多いですけど、それだけでは検索エンジンの上位に表示させづらい傾向があります。したがって、2つ以上組み合わせると、上位表示の難易度が下がりますから、そういうやり方も有効なのです。複合キーワードは検索する人数も減りますが、より上位表示が可能になるため、単体のキーワードよりは結果的にアクセスが増えるということも考えられます。SEO対策をするときには、この複合キーワードを使ってライティングをしていくと良いです。これが上手くできれば、アクセスを呼び込むことが割とスムーズにやりやすいと思いますから。テクニック的なこととして知っておくと良いと思います。

ライティングとSEO対策効果でやっておくこと

どれだけ満足する素晴らしいコンテンツを作成したといっても、それが検索エンジンで上位に来なければ意味がありません。安定したアクセス継続をしなければ良質なコンテンツは無駄になります。基本的にライティングのスキルが原因があり、そこを意識することが重要になってきます。コンテンツライティングはSEO対策コンテンツの作り方としてユーザーから120%満足させること、指示されるコンテンツは例えばコピーなどでは意味がないのでここが大切になってきます。コピーライティングは素人でもプロでもユーザーが読み進めたくなるような文章のことで、WEBライティングは検索エンジンから見て読み取りやすく、正しいインデックスさせて適切にランキングするための技術です。そこでSEO対策としてキーワードを入れることが十四に成ります。そして検索エンジンで検索するときにユーザーが理解しやすいキーワードを付けることにより上位表示されやすいようになるはずです。