ついつい読んでしまうSEO対策文章って!?

ついつい読んでしまうようなSEO対策テキストこそが最高だと言えるのではないでしょうか。まあ反対に言えば、うるさすぎるほどに特定の言葉を使っているテキストは、「あ、これ宣伝じゃん…」などと思って、そしてイヤ〜な気持ちになって、そこで読むのを止めてしまうということだってあるわけですから。

まあ実際に、自分がそのタイプなのですけれど。そしてだからこそ自分でもライティングをする上で気をつけていることと言えば、さりげないキーワードの使い方です。キーワードを括弧や装飾で飾って、不自然に過剰に目立たせる必要はなく、あくまで自然にテキストのなかに登場するような方法こそ、至高のものだと言えるでしょうか。

まあそのような「自然にキーワードを入れる」というライティングは、もちろん簡単ではないのですけれど、しかしながらSEO対策テキストにおいては、とても重要なことであり今の時代のライティングに求められていることだと、しっかりと言うことができるでしょう。