SEO対策のライティングはまず結論を先に述べること

SEO対策でのライティングに関してですが、その際にページ上部を友好的に活用することは大切なことのひとつでもあります。googleの評価アルゴリズムは英語圏での開発ですので、英文のコピーライティングのマナーに関しての方法で文章で評価がされているはずです。日本語の文章とはつまり違いがあるということですから、英文の場合、結論を先に書くということになります。と言うことはgoogleでの結論とはつまり重要なキーワードを考えたとき、まず始めに文章が来ているはずです。見出しの直後にSEO対策キーワードを配置することはリードコピー部分に対象キーワードを配置するということで、つまり直後のすぐ近くに配置することが好ましいと言うことでしょう。SEOライティングには最後に結論を書くのはダメです。まずキーワードを含んだ結論を先に書くこと、そしてその根拠をその後に書き綴るということになるので、まずはこのあたりを理解してSEO対策のライティングを心掛けましょう。