ライティングの依頼によって入手可能なSEO対策用の記事

SEO対策ではコンテンツを増やすことが大切です。ブログやサイトのコンテンツとして一般的なのは文章や画像です。どちらもコンテンツとして重要な役割を持っていますが、文章は内容や書き方によって読者の印象を変えることができます。そのため、SEO対策で文章は欠かせないものと言えます。
ブログやサイトの数が1つや2つ程度であれば、掲載する記事の全てを自分で書くことは可能です。しかし、さらに数を増やしてしまうと、必要な記事の数はさらに多くなります。全部を自分で書くのは体力が必要です。
記事は自分で書くだけが方法ではありません。ライティングを依頼することで入手可能です。インタ―ネット上には、記事作成が可能なライティングのサイトがあります。
SEO対策をする際にライティングサイトを利用するメリットは、記事を書いてもらうことによる時間の節約です。また、知識がない分野の記事が欲しい時は、様々な人材が登録しているライティングサイトを利用する価値は高いです。

SEO対ライティング策の思い出

SEO対策のライティングをたくさんこなすと、たまに記憶に残るSEO対策のライティングがあります。SEO対策のライティングは、通常、あまり質的なことは求められませんが、指示事項を守っているにも関わらず、記事の修正を依頼してくるモンスタークライアントがいた場合は、記憶にずっと残ります。文字単価0.2円でそこまでのクオリティーを求めるのかと驚きました。そういうクライアントは、まずいません。だからこそ記憶に残っているのです。後は、文字単価が異常に高かったケースですね。内容も簡単であり、指示事項が少ないにもかかわらず、文字単価1円でした。そのクライアントは、初めての発注であり、ひょっとしたら誤発注だったのかもしれません。もしくは、相場を知らなかったのかもしれません。いずれにしても、SEO対策のライティングをする側からすれば、とても上客のクライアントでした。他にもこういうケースがありました。キーワードがロードバイクだったのですが、自分は、てっきりオートバイのことだと思いライティングしました。すると、クライアントから、自転車の高性能版の事だよと指摘されました。勿論、オートバイもそのように呼ばれますから、自分の説明不足だったとも言っていました。結局、二記事納入していたため、痛み分けということで一記事の料金を頂くことで双方が納得しました。お互いに説明とか連絡をするほうが手間なのですが、お金ではなく、人間として大事なことを忘れないクライアントだったため、そのSEO対策ライティングも記憶に残っています。

SEO対策のライティング相場

最近やや少なくなってきたSEO対策のライティングですが、相場についても価格下落傾向にあります。かつては、文字単価0.3~0.2円が主流でしたが、最近は、文字単価0.2~0.1円が主流になっています。文字単価0.3円のSEO対策のライティングは、その日の内に募集が締め切られるような状況です。ライターを本業とされている方は、そのような案件を手がけませんが、副業やお小遣い稼ぎとしてライター活動をされている方は、SEO対策のライティングを主な仕事としています。そのため、文字単価には敏感であり、高単価と思われる案件は、すぐに埋まってしまいます。たまに、文字単価0.5円のSEO対策のライティング案件を見ますが、それは、専門的知識がないと書けない案件であり、それ相応の単価設定にはしていますが、それでも埋まらないというケースが多いようです。専門的知識が必要なSEO対策のライティング相場は、文字単価1~0.7円というのが標準的のようです。002.1.SEOってそもそも何!?―SEO対策の基本|初心者でもわかるSEOの考え方|月刊ソウサス

SEO対策の成否はライティングの質が決める

SEO対策とは何なのかという事を突き詰めて考えると、それはライティングであるという事に気づかれるはずです。つまりいかに良い文集を書くかどうかという事なんですね。これが案外苦手だという人は少なくない様です。小学生の頃に作文を書くのに時間が掛かったなんて人はこの仕事は向いていないかも知れません。でも今の時代というのは有り難いものでして、何でも人任せにできるというのも事実です。

ライティングというのも他の人に丸投げしてしまえば良いのです。これを自分で書いているというSEO対策業者の人はおそらくいないでしょう。そんな事をしていたら効率が悪過ぎて仕事になりませんからね。金額的には結構安い値段で依頼できますので、その分利益というのも挙げられると思います。最近はSEO対策が難しくなってきているとも言われているので、参入したいのならば早めにしておいた方が良いでしょう。後発だとどうしてもノウハウがありませんから遅れをとってしまうと思います。

SEO対策で必要な記事はライティングサイトで依頼可能

SEO対策において記事の質を高めることは効果的です。質の低い記事を量産するよりは、記事数が少なかったとしても質の高い記事の方が価値のあるコンテンツを提供しているサイトと判断されやすいです。自身で質の高い記事を作成できるのであれば、外注する必要はありません。
しかし、記事を書くのが苦手だったり、書く時間が取れなかったりなどの場合は、ライティングサイトでの依頼が効果的です。まず、希望する内容の記事作成を依頼します。その後、ライティングサイトに案件として掲載され、ライターの目に触れることになります。
依頼した場合は、記事の完成を待つだけなので、記事を書く時間が少ない場合でも問題ありません。また、ライティングサイトには、初心者から上級者までのライターが登録しています。そのため、専門的な内容でも充実した内容の記事に期待できます。
記事を作成してもらうため、報酬を支払うことになります。高い報酬の方がライターの意欲がアップするため、SEO対策で重要な質の高い記事が欲しい際は、報酬を高くするのがポイントです。

SEO対策の為のライティングは変わり続けている

SEO対策でのライティングの場合、ちょっと前までは特定のキーワードをたくさん書いておけばOKでした。
正しくはOKと言われていました。
誰も本当のことは分かりませんが、確かに関連ワードなんかを適当に慣れべただけでも検索で一ページ目になるなんてこともありましたので、確かにそうだったんだと思います。

ですが、今ではそうもいかなくなっています。
この方法ですとSEO対策として効果がないどころか、逆に自分の首を絞めてしまうことになるようです。
検索結果から外されたりすることもあるんだとか・・・難しいですよね。

では最近のSEO対策としてのライティングはどうすればよいのかということですが・・・専門的な文章を数多く書く、これが一番のようです。
仕組みはどうなっているのか分かりませんが、より専門的なサイトが検索のトップページに来ることが多いということです。
ですので以前と比べるとちょっと手間がかかるようになりました。

しかし、これにより関係ないサイトが検索結果として表示されることが無くなったので、利用者にはメリットが多くなったんでしょうね。

移り変わるSEO対策に有効なライティング

インターネット回線の発達により今では瞬時に大きなデータがやり取り出来る様になったため、webサイトには昔に比べてテキストだけで無く様々なコンテンツが表示されるようになりました。しかし同時に様々な種類の端末がインターネットにアクセス出来る様になったこともあり、基本的にどのような端末でも素早く表示できるテキストのコンテンツはこのインターネット上において未だに主要なコンテンツのままであると言って良いでしょう。
そういうことを考えると、コンテンツの充実によりSEO対策をしていくなら、テキストのライティングをどう工夫していくかという事も疎かにしてはいけないという事になります。ただ検索エンジンに関しては時と共にだんだんと進化しており、これまでは通用していたSEO対策のライティング方法が通用しなくなっていることもあるので、無駄なくSEO対策を進めていくためには現在はどのようなライティングが求められているのかという事を常に把握しておく必要があるでしょう。

検索キーワードを想定したライティングがSEO対策になる

検索キーワードが何なのか想定しながらライティングをするとSEO対策としてなかなか効果的です。検索エンジンにはさまざまな検索キーワードがタイプされますが、それは人によってそれぞれで異なります。

 ただ、検索するということはそれを調べたいということですので、キーワードを文章の中に散りばめておけば上位表示される可能性が出てきます。そのキーワードをどう想定するかは腕の見せ所ですが、やはりその記事全体を象徴するようなキーワードを想定するのが理想的です。

 そうすればキーワードと記事に整合性が出てきますので、質の高い記事だと判断されやすいです。そうしてアクセス数が伸びてくればさらに上位表示につながっていきますので、その点については意識してライティングすると結果につながっていきます。

 しかし、だからといってキーワードを乱発すると不自然ですので、そのあたりは微妙なさじ加減が必要になります。ですので、検索キーワードを想定したライティングがSEO対策になります。

SEO対策のために誤字脱字がないライティングをする

検索を意識したSEO対策のためのライティングで欠かせない基本的な心構えは、誤字脱字をなるべく減らすということです。誤字脱字があっては文章としてかなりおかしくなってしまいますので、それがSEO対策に影響を少なからず与えてしまいます。

 日本語だけに限ったことではないかもしれませんが、一文字誤字脱字があるだけで文章の意味は大きく変わってしまうこともあります。また、メインのキーワードに誤字脱字があれば、その記事の価値が大きく低下してしまうことも十分あり得ます。

 せっかく内容自体が誇れるような良い記事であったとしても、誤字脱字が多ければそれが台無しになってしまいかねません。それではとてももったいないですので、誤字脱字のないきちんとしたライティングを心がけていかなければならないです。

 そうすることによって記事の質をしっかりと保つことができますし、もったいないミスを減らせます。それがSEO対策における基本的なライティングだといえます。

質の高いライティングによるSEO対策はお金が掛かる

やはり語彙が豊富でなければSEO対策のライティングは上手く行きません。単調な文章だったら誰でも書くことができますから意味が無いんですね。ただし答えが示されている事ではありませんから、これが必ずしも良いのかどうかというのは断言する事ができません。手探りで正解に近づくよりないというのがSEO対策の現状なのです。ただ、難しいものの方が良いというのは言えると思います。しかし、その様な文章が書ける人はごく僅かでしかありません。

日本人は識字率が高いと言われていますが、だからといって質の高い文章を書けるという事にはなりません。ただ単に読めるというだけの人が大半でしょう。簡単な文章であれば誰でも書けると思いますけど。それなりに質が高いものという事になると殆んどの人が駄目だという事になります。エリートだけが書けると言っても過言ではないでしょう。しかもそういう人の場合は依頼の金額も高くなってしまうので、トータルでみてマイナスの方が大きくなってしまうという可能性も考えられます。

検索エンジンで上位に入るためには、情報量よりもわかりやすいことが大切

検索エンジンで探してみると、上位に昇るサイトはそれぞれに特徴があります。情報量をとにかく多く、そしていろんな分野において情報を提供しているサイト、また一つのものに特化して掲載しているサイトもあります。人気のサイトには、人気の理由があるのですが、その一つは情報量の多さは大切なのですが、それよりも一般の人にわかりやすいサイトということが大切だと思います。専門的なサイトだとある程度知識を既に持っている人がのぞきますので、そういう人にとっては専門的な情報が必要になります。しかし一般車向けの情報をライティングしている場合、より分かりやすい言葉で、表現してあるサイトの方が人気があるのです。なぜなら難しいライティングは理解ができないからですね。一つのライティング記事で理解が出来なくても関連して同サイトのライティング記事で理解できるより効果ですね。一回のページで情報量が多すぎるとそれでお腹いっぱいになってしまうので、それよりもわかりやすい記事を心掛けましょう。

SEO対策の初歩はワンテーマに絞ること

SEO対策の為のライティングも年々変わってきていますね。

インターネットが普及しだした頃は特定のキーワードを書けば十分SEO対策になっていました。

ですので、ページ下部に検索ワードとして膨大な量の検索ワードが書かれているサイトをよく見かけたものです。

さすがにそれでは見栄えが悪いとそれらの検索ワードを背景と同じ色にすることで見えなくしたり、HTMLの見えないところに検索ワードを打ち込んだりとそれぞれに工夫したりしていました。

最近はそういったサイトはほとんど見なくなりましたね。

SEO対策としてそれが役に立たなくなってきた為です。

最近は検索時に専門色の強いサイトが上位に表示されるようになっています。

ですので最近はSEO対策として特定ワードに関連度の高い記事を数多くライティングするというのが支流になってきています。

昔と比べたらサイトを作るほうは手間ですが、SEO対策の方法は分かりやすくなって初心者にも優しくなったのではないでしょうか。

とにかくワンテーマに絞って記事を書き続ける、これが最近のSEO対策の初歩です。