きな臭いSEO対策のライティングって!?

「SEO対策のライティング」を行なえることが、今ではwebライティングを行なうことで必須事項とも言うべきでしょう。けれども、仕事を受けるにあたってはやっぱり一定の自分の中での基準というものはあるものです。

と、言いますか、今ではライターさんの数自体も増えましたし、副業ライターさんにしても、やはり自分の中でのライティング仕事を請け負う基準的なものはあることでしょう。

だってなんでもかんでも、ライティング仕事を引き受けるわけにはいかないじゃないですか。「文章を書くことが好きならばいいんじゃん?」的にクライアントを思うのかも知れませんけれど、いやいやそれが全員ではないんですってば。

ですから、あまりにもきな臭いSEO対策のライティング仕事は断りますよ。それでは、どのようなものがきな臭いSEO対策のテキストなのかと言いますと、やっぱりキーワードが好ましくないようなものですね。

明らかに「あれ?大丈夫なのかしらここ?」と、思われるような会社もありますからね。いくら報酬が良くても、やはり詐欺には加担したくはありませんので。

SEO対策としてライティングが必要な理由

SEO対策は日々企業や個人によって研究が行われ、時代によって最適な方法論は全く異なります。しかし、全てを人の目で吟味することは不可能なので、検索エンジンも必ず機械やシステムを通してサイトの価値を判断し、ユーザー最適な情報を提供しようとします。こうした中では必ずライティングというものが重要になります。サイトの見栄えや画像などはユーザーの視認性を向上させるためには役に立ちますが、検索エンジンに有益なサイトであると判断させるためには必ず地道なライティングによる膨大なテキストデータが必要になります。日々こうししライティングによる積み重ねを行うことにより、更新頻度やサイトのテキスト量など様々な評価項目において検索エンジンにより評価が高まるので、いずれ正当な評価によって検索ランクも向上が期待出来ます。このようにSEO対策は日々進化していますが、基本であるライティングを守らない限りは、サイトの寿命も決して長くは無いでしょう。

子供であってもSEO対策のライティングで稼げる

とにかく簡単なのがSEO対策のライティングだと思います。レベル的には多分小学校の低学年ぐらいであれば問題ないのではないでしょうか。その場合ちょっと疑問が残るので高学年という事にしておきましょう。これなら絶対大丈夫だと思います。しかし結構いい加減な内容でも成立してしまうものなんですね。特別専門用語を知っているという訳ではありませんけど、それでもどうにかなってしまうようです。ただ、これに関しては業者によって考え方が異なりますので一概には言えません。

簡単なものになると小学生でもできる訳ですから、その年代の子供たちが実はお金を稼いでいるという事も考えられます。ご存知ないかも知れませんが、この様なSEO対策用文章を募集している人たちが大勢いるのです。決して多い金額とは言えませんが、少額であったとしても積み重ねれば大金になる訳でして、子供のお小遣いとしては十分かも知れませんね。場合によってはちょっとした月収ぐらいにはなるでしょう。もちろん個人の頑張り次第ですけどね。

ライティングを意識して行うSEO対策

ホームページであれブログであれ、たくさんの人に見てもらうためにはSEO対策が必要です。SEOにはコンテンツが重要とよく言われていますが、そのコンテンツの多くは文章で成り立っています。そのためSEO向けのライティングが必要というわけです。

主に重要となるのはタイトルとそれを元にして生まれた記事です。タイトルと記事内容が違うというページもあるにはありますが、基本的には有効的とは言えません。またタイトル自体にも工夫が必要で、興味を引くキーワードを入れたり、表示される文字数を意識するなどは行った方が良いです。文字数は28文字から32文字程度が適当です。

記事に関しては見出しを用いて書いていくことをお勧めします。スタイルシートを使うのが基本で、見出し自体は頻繁には変えないほうが良いです。またこれと同じぐらいテンプレートもあまり変えないようにしましょう。開設時、開設してから間もない時期であれば問題は無いです。記事内にも特定のキーワードを意識して入れるようにしましょう。

SEO対策のためのライティングは試行錯誤を繰り返す

 サイトを開設した当初は、どうしても記事を書くだけで精一杯になってしまいがちです。とりあえず記事を書けばそれで御の字になり、とてもではないですがSEO対策を考慮したライティングは簡単にできないものです。最初からそれができる人はよほどSEO対策のやり方を知っていて、なおかつライティングの上手い人です。そういう人はなかなかいませんので、両方ができる人はSEO対策の能力に長けているといえます。

 ですがSEO対策にしてもライティングにしても、経験を積んでいけば上達していくのが普通です。どちらも少しずつ学んでいくわけですが、繰り返し行っていけばコツを掴むことができます。

 しかもSEO対策の場合はきちんと反応を見ることができますので、今度はそれを参考にしてライティングすることができます。必ずしもすべてが思い通りにいくわけではないのかもしれませんが、そうして試行錯誤を繰り返しながら取り組んでいくのがSEO対策のためのライティングだといえます。

SEO対策にはコンテンツのライティング内容が重要です

ホームページのSEO対策としてまず挙げられるのが、ヘッダー部分のMETAワードのライティングです。この部分にホームページの内容に合った単語を設定することで、その単語で検索が行われた際の表示結果に影響を与えることができます。

ですがこれだけではSEO対策として充分だとは言えません。ホームページ自体のライティング内容が非常に重要になります。ここではいたずらに検索によって辿り着いて欲しいワードを繰り返すだけでなく、関連性のあるワードを適度に登場させる必要があります。このワードとは、主となる検索ワードと一緒に検索されることが多い、第二検索ワードと呼ばれる単語になります。

また、そのホームページからのリンク先も大切です。同様の内容が記載されているページへのリンクが多いほど、検索ワードに対してそのページがSEO上優位になる傾向があります。

これらのMETAワード、主検索ワードや第二検索ワード、また関連するリンク先といった情報は、多ければ多いほどいいという訳でもありません。多過ぎる場合は反って順位を下げてしまうことにもなるので、その適正度合いが大事になります。

そして検索ワードを含むコンテンツ内容のライティングは、人間が読んで内容があり、自然な文章になっていることが求められます。これはいくら一時的にSEOで上位に表示されることがあっても、内容がないページは上位にしてはアクセス数が伸びず、その結果下位に落とされてしまうことがあるからです。

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス