SEO対策にはコンテンツのライティング内容が重要です

ホームページのSEO対策としてまず挙げられるのが、ヘッダー部分のMETAワードのライティングです。この部分にホームページの内容に合った単語を設定することで、その単語で検索が行われた際の表示結果に影響を与えることができます。

ですがこれだけではSEO対策として充分だとは言えません。ホームページ自体のライティング内容が非常に重要になります。ここではいたずらに検索によって辿り着いて欲しいワードを繰り返すだけでなく、関連性のあるワードを適度に登場させる必要があります。このワードとは、主となる検索ワードと一緒に検索されることが多い、第二検索ワードと呼ばれる単語になります。

また、そのホームページからのリンク先も大切です。同様の内容が記載されているページへのリンクが多いほど、検索ワードに対してそのページがSEO上優位になる傾向があります。

これらのMETAワード、主検索ワードや第二検索ワード、また関連するリンク先といった情報は、多ければ多いほどいいという訳でもありません。多過ぎる場合は反って順位を下げてしまうことにもなるので、その適正度合いが大事になります。

そして検索ワードを含むコンテンツ内容のライティングは、人間が読んで内容があり、自然な文章になっていることが求められます。これはいくら一時的にSEOで上位に表示されることがあっても、内容がないページは上位にしてはアクセス数が伸びず、その結果下位に落とされてしまうことがあるからです。

内部SEO対策とライティング

SEO対策、多くの人たちが悩んでいる点であり、具体的にはグーグル検索対策といってもいいかもしれません。どのようにすればいいのかに関しては多くの要素が関係していて、簡単には説明できないかもしれませんが、内部でのSEO対策として関係してくるのは、サイトのタイトルとか、サイトの記事のタイトル、そしてサイトのコンテンツ量とか、記事数なども重要になってきます。ある特定のワードを使っていれば内容そのものはそれほど質の高いものでなくても、SEO対策はできるので、ライティングの内容よりも数つまり量が欲しいということがあるかもしれません。サイトのキーワードの出現率、そんなことがポイントになってきますので、そのあたりを意識したものがSEO対策といえるかもしれません。検索順位で上位に来るとそれは嬉しいですし、アクセス数は飛躍的に多くなっていきますが、それで安心してしまうとやがて落ちていく可能性が高いので定期的なSEO対策が必要になります。

SEO対策

検索エンジン最適化 – Wikipedia

search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス